cinema da nabemaki」カテゴリーアーカイブ

13th ASIAN FILM AWARDS

今年は是枝監督作品「万引き家族」が6部門ノミネートされていますね。

凄い勢いですねぇ。

昨年公開されたアジア映画が対象となる、映画賞。

前年度に公開されている作品が対象で、まだ公開中の作品もあります。日本でも東京国際映画祭や東京フルメックスで上映された作品もあります。

ASIAN FILM ACADEMY 公式サイト

助演女優賞の審査投票に参加させていただきます。

ノミネート作品はこちら。

幸福城市』(Cities of Last Things)台湾
監督・脚本:何蔚庭(ハー・ウェイティン)(Wi Ding Ho)
出演:李鴻其(リー・ホンチー)、高捷(ガオ・ジエ)、丁寧(ディン・ニン)、尹馨(イン・シン)/石頭(Stone)

昨年、第19回 東京フィルメックス コンペティション部門にて上映がありました。

台湾を拠点に活動するマレーシア出身のハー・ウェイティン監督作品。

万引き家族」(SHOPLIFTERS)日本

監督・脚本・原案:是枝裕和

出演:リリーフランキー 安藤さくら 松岡茉優 池松壮亮

Nominee: MATSUOKA Mayu 松岡茉優

まだまだ、劇場で見ることができますよ。

『毒戦』(Believer)독전 韓国

監督:イ・ヘヨン(Lee Hae-young)

出演:チョ・ジヌン リュ・ジュンヨル キム・ソンリョン パク・ヘジュン チン・ソヨン

故キム・ジュヒョクさんの遺作となっていますね。本当に残念です。

『トレイシー』Tracey (翠絲)香港

監督:ジュン・リー (李駿碩)

出演:フィリップ・キョン カラ・ワイ リバー・ホアン

若干27歳の新人監督ジュン・リーの長編デビュー作品。

なかなかの力作。日本では昨年の第31回東京国際映画祭、アジアの未来部門にて上映がありました。日本での公開は未定なのかな。

『Hidden Man』 邪不壓正 中華人民共和国

監督: ジャン・ウェン (姜文)

『鬼がきた』の監督ですね。主演作の「赤いコーリャン」懐かしいです。

Nominee: XU Qing 許晴

第69回 ベルリン国際映画祭にて。

HIKARI監督、長編1作目「37 SECONDS」、ベルリン映画祭パノラマ部門で観客賞、アートハウス系の映画を支援するCICAEアートシネマ賞を同時受賞したW受賞しました!!

国際映画祭に、世界さんぢ映画祭のひとつであるどう映画祭に初長編作品が正式招待されるたことも素晴らしい、さらに観客賞は実はとても嬉しい。

HIKARI監督の想いが、関わった方々みんなの想いが伝わったのだなぁと、じんわり思っています。

美しく輝く、主演のメイちゃんの笑顔。

現地で見ていただいた方々から、(なにせワールドプレミア、初めて観客をお迎えしたので)

ご感想のメールなどいただいていたので、

おっや?

と、思っていたのですが。

関わった者として、とにかく喜びは大きいです。

日本での公開は少し先になりますが、作品がたくさんの出会いに恵まれますようにと、

心から願っています。

HIKARI監督!!おめでとう。はしゃぎ過ぎて、ベットから落ちたらいけませんよ。

情報源: HIKARI監督、長編1作目「37 SECONDS」、ベルリン映画祭パノラマ部門でW受賞 : 映画ニュース – 映画.com

撮影所。

久しぶりに、西の撮影所に。

大きなプロダクトに参加してまいりました。

撮影所はなんだか混み合っていて、いろんな人が出入りしていました。

おいっす、なんて声を掛け合って。

コツコツと働く時間の中では、そんなことがあると楽しいなと思います。

やるべきことが、ちゃんとできたかどうか、そこが大事ですが。

詳細は、追って報告いたします。

西の皆様、大変おせわになりました。

夜明け前、うっすら明るくなっていく空を感じながら、

自分のいる場所がどこなのかわからなくなったな。

旅が続いているような、どこへ向かっていているのかなって思っていたんだけど、どこへ帰っていくのかなってことなのかもしれないなって、思ったりして。

眠かったんだと思う。

暖かい、立春。また寒くなるようなので、皆様、お身体ご自愛下さい。

HIKARI監督初長編作品「37 Seconds」

HIKARI監督初長編作品「37 Seconds」のトレーラーができました。

そして、嬉しいお知らせが。

『37 Seconds』がベルリン国際映画際にてGWFF BEST FIRST FEATURE FILM 賞にノミネートされました! 全ての部門の初長編作品から16本の作品が選ばれ、2月16日の閉会式にて受賞作品が発表されます。さてさて、結果がきになるところですが、まずはその栄誉を讃えたい思いでいます。

あ、私はこの度、ベルリンには参りませんのよ。

産声をあげたばかりのこの作品にたくさんの出会いがありますようにと、心から願っています。

37seconds

脚本・監督:HIKARI
主演:佳山 明
神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、熊篠慶彦
萩原みのり、宇野祥平、芋生 悠、渋川清彦、奥野瑛太、石橋静河、尾美としのり / 板谷由夏

企画・プロデューサー:山口 晋、HIKARI / 

エグゼクティブプロデューサー:住友大祐、山形龍司、中瀬古優一
シニアプロデューサー:土屋勝裕(NHK) / 共同プロデューサー: 松平保久、淺見朋子(NEP)
ラインプロデューサー:小泉朋 / 協力プロデューサー:柳本千晶、岩堀恭一、岩堀昭
音楽:Aska Matsumiya / 美術:宇山隆之 / 編集:Thomas A. Krueger / 

撮影:江崎朋生、Stephen Blahut / 照明:三善章誉
サウンドデザイン:Sung Rok Choi / 録音:石貝 洋 / 

助監督:二宮孝平 / VFXスーパーバイザー:小坂一順
キャスティング:おおずさわこ / 

ヘアメイク:百瀬広美 / スタイリスト:望月 恵 / 

スクリプター:樽角みほり / 

制作担当:岡本健志 
共同制作:NHK、NHKエンタープライズ / 企画・製作:knockonwood Inc.

第69回ベルリン国際映画祭 へ!

嬉しいお知らせが届きました。

HIKARI監督初長編映画『37 Seconds』が第69回ベルリン国際映画祭、パンラマ部門 正式招待が決まりました。日本での公開は少し先になりますが、少女の旅の始まりを、ぜひ劇場にてご覧いただきたいと思っています。

そして、同映画祭フォーラム部門に

三宅唱監督作品「君の鳥はうたえる」が正式招待されます。

劇場上映も長く続いています。国内のいろいろな賞にもノミネートされました。どうぞ劇場へ!

それぞれの作品がどうか、たくさんの新たな出会いがありますようにと心から願っています。

「37 Seconds」公式サイト

「君の鳥はうたえる」公式サイト