いつのまにか、雨。

いつのまにか、もう梅雨入りですね。
びっくりするぐらい暑い日が続いて、すっかり夏の気分でしたが。

相変わらず、お芝居観たり、映画観たり、仕事したり、お散歩したりしています。

タブレットやスマートフォンでは、InstagramやTwitterが精一杯で、ちょこっと書き物したり、データのチェックするには、ある程度の画面の大きさがないと不自由だなぁと思っていたら、

天の声が‥‥。

フワッと。

で。

そんなことって、あるのってな具合に受取のタイミング、場所、すべてがミラクル。
大先輩のご厚意で、今私の手元にはnotebookが!!

デスクトップの良さもありますが、notebook 使い勝手のその軽やかさに感動しています。

感謝感激雨霰。

告知も結構ありますが、ボチボチと更新して行きます。

滞っていたデスクワークが進むにきまっています。
(作業の進行はまだこれからなので)

ところで、

新しい現場に入っています。
今夏、夏休みの入口に、川口市のSKIPシティにて映画祭に参加します。
秋には久しぶりのナママキコが、わが青春の街にて公演です。

告知頑張りますので、日々のツラツラ、お時間あります時にお寄りください。

今日は祖母の10回目の命日。
あっという間なのか、もうずいぶん時間がたったのか、むにゃむにゃします。
人生、どう考えても、未来の時間よりも、過去の時間の方が、長くなったのだなって思ってしまうこの頃ですが、祖母が98歳まで生きたことを考えたら、まだ半分ぐらいです。
んなこと考えても、ただ果てしなくて、
んなこと考えないで、
まずは今日を丁寧に生きて、明日を迎えようと、すぐに思ったりするわけです。

祖母の名前は、幸。
私は幸の家に幸福って名前の猫と暮らしていました。
猫は祖母の元へ先に逝ってしまいました。
私は、独りで今も幸の過ごした時間が染み込んだ家に暮らしています。
幸福が、身を撫でつけた家でもあります。
どの場所にいても、そこに暮していた生き物の気配がします。
それは、なんだか、見守られているようで幸せなことだと思います。
そこに住まわせてくれている家族にも感謝しています。

季節は、お祭りです。
雨祭り。
空豆とお赤飯と、鳥の唐揚げ。
神輿と雨と、ドロドロと。
なんで、鳥の唐揚げなのか、まだ解明できていないのですが、
祭り囃子が聴こえてくると、口の両端が上がります。

人の気配が漂うのは、家だけではなくて、街も同じように思います。

いろんな人が暮していた気配と、今と、未来を感じます。

いろんな時間を思い出し、明日を想う、
一年のうちで、なかなか好きな季節です。

草木の枝葉がぐんぐん伸びていくように、心も身体も広がるイメージです。
(まあ、イメージなんです‥‥。笑)

いつのまにか、雨。」への1件のフィードバック

  1. fumi-sun

    ん”~~~、更新されましたね。祝。

    おばあちゃんのお家で暮らしてますのね。
    こちとら、その思いを解りかねますが、
    特別な思いのあるお家なのでしょうね。

    梅雨が明けたら、本格的な夏ですねー。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です