演劇鑑賞「PHOTOGRAPH 51(フォトグラフ51)」

@東京芸術劇場
板谷由夏さんの初舞台へ!
なんとも、立派で、等身大。

役の女性も、それを演じる彼女も、
しみじみと素敵な人だなぁと、涙ぐんでしまう。
同世代の女性の言葉が、心にスパッと入ってきた。
私は彼女のように優秀な人間ではないけれど、それでも、彼女の葛藤や、
その当時の夢を追って男社会に飛び込んで行った彼女の戦いを想い、奥歯を噛み締めてしまった。

おとこたちよ、よくきけよ。
かのじょは、そこにいきていたんだよ。
おとことおなじように、あたりまえのゆめや、きぼうを、むねにかかえながら、
おとことおなじように、じょうねつを、むねにかかえながら。
おとこのゆめをかなえるためではなくて、
にんげんのゆめをかなえるために。

こんちくしょうめ。

ノーベル賞へのスリリングな人間ドラマ。1枚の写真を前に、生命の科学が立ち上がる。ウエストエンドでニコール・キッドマンが主演した話題作に、名女優”板谷由夏”が挑む!! 東京芸術劇場シアターウエスト2018年4月6日~4月22日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ2018年4月25日~4月26日

情報源: 『PHOTOGRAPH 51(フォトグラフ51)』特設ページ 梅田芸術劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です