おかあさん。

4月4日。
母の命日。
お墓まいりに。おとなりで眠っている、父のお墓にも。

いきなりの暖かさに、桜はおわりかけ。
平日の霊園は静かにお日様をあびていました。

お墓まいりにいらしてくださった皆さまに、心から感謝申し上げます。
不精な長女も、えっちらおっちらと、行ってまいりました。

いつまでも、両親や、祖父母や、いろんなことを想うと、胸の奥がキュッとつまり、鼻の奥がツーンとしたり時々しますが、そんな時を繰り返しながら静かに、コツコツと、暮らしています。

家族は、それぞれ、それなりに幸せそうに暮らしていると思います。

死というのは、なんとも不思議なことだな、
なんだか、これは不思議だなと。
どうにもならないことを、そんなふうに考えます。
最近は、そんな風に考えることで、喪失感が和らいでいっています。

妹が、母のためにお菓子とお花を抱えて、お線香をあげに来てくれました。
すっかり、いい歳になって妹の背中を眺めて、妹が歳を重ねてきた、その姿の先に、母の面影や父のそれがダブって、また不思議な気持ちになりました。
命が繋がっているって思ったのかな‥。
母を思って選ばれた花や、お菓子を眺めながら、母の想いも繋がっていると感じました。

命日には、母の好きだった食べ物を食べます。
食いしん坊で、大好きな食べ物がたくさんあった、母。

美味しいものを食べた時の、母の大輪の花のような笑顔を思い出します。

なんで、もう一度、会えないのか、不思議だとおもいます。

姿は見えないけれど、何か、いろんなところに彼女が生きているんだと思っていたいです。
母を抱きしめることも、抱きしめてもらうことも、もうできないですけれど、
思いを抱きしめたり、抱きしめられながら生きているんだと感じます。

最愛の、おばあちゃん猫のことも、そんな風に思っています。

幸福(愛猫の名前です)には、まだ、もう少し未練が残っていて、思いすぎると、涙がこぼれてしまうんですがね。

へへへへ。

そんなふうに暮らしている、今年の春です。

ずっと、アマリリスだと思っていたら、君子蘭という花だったということを教えていただきました。

花言葉は、貴い・気高さ・端正・望みを得る・高貴・情け深い・誠実・幸せを呼ぶ。
親バカ子バカのようですが、母に似合う言葉が並んでいるような気もします。

おかあさん。」への1件のフィードバック

  1. fumi-sun

    おかあさんの事。

    マキコさんを慰めたり、励ましたりする
    言葉はみつけられません。

    でも、おかあさん、おとうさん、ご兄弟の
    事を思う気持ちは、ブログでいつも拝見
    してますよ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です