映画鑑賞 3月 2019年

久しぶりに映画館へ。
見たかった作品へ。

苦い銭
苦銭 Bitter Money
監督:ワン・ビン / Bing Wang / 王兵
上映日:2018年02月03日 / 製作国:香港フランス / 上映時間:163分

苦い銭= 苦労して稼いだお金という意味があるらしいです。
中国、出稼ぎ労働者の街・湖州のおかしくも愛おしい人間たち。14億が生きる国で名匠ワン・ビンが見つめた人生いろいろ。
出稼ぎ労働者が住民の80%を占める街・湖州で働く人々。14億が生きる巨大中国の片隅で、1元の金に一喜一憂する彼ら。

労働と賃金と、生きる幸せ。
そこが、全ての人にとって、イコールなることはあるのだろうか‥‥.。

映画館でみないと、だめだなこれ。
世界の見つめ方。ワンビン監督作品をみると、いつもそれを考える。

第73回ベネチア映画祭オリゾンティ部門脚本賞、ヒューマンライツ賞受賞作。
2016年・第17回東京フィルメックスの特別招待作品。

ワン・ビン監督作品『苦い銭』。シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー中。

情報源: 解説 | 映画『苦い銭』公式サイト

スリー・ビルボード
監督/脚本/製作 : マーティン・マクドナー
プロデューサー : グラハム・ブロードベント プロデューサー : ピート・チャーニン
撮影監督 : ベン・デイビス 編集 : ジョン・グレゴリー
音楽 : カーター・バーウェル 衣装 : メリッサ・トス 美術 : インバル・ワインバーグ

なんだか、本当に、すごい。
オスカーの行方はどうなるんだろう。
しかし、そんなこたどうでもいいから、劇場へ。

2017年・第74回ベネチア国際映画祭で脚本賞、同年のトロント国際映画祭でも最高賞にあたる観客賞受賞作品。
2017年・第30回東京国際映画祭、特別招待作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です