映画鑑賞 「彼の見つめる先に」


彼の見つめる先に」 Hoje Eu Quero Voltar Sozinho
監督・脚本・製作ダニエル・ヒベイロ
ブラジル/2014年/96分
配給 デジタルSKIPステーション、アーク・フィルムズ

初めて好きな人ができた時、その人のことを考えながら、
私は自分ってのを、よくよく知ろうとしたきがする。
自分の部屋以外の世界を知りたくなったように思う。
主人公は、視覚障害者で、未成年で、同性愛者。
そんなフレーズが、この作品のだいたいのトピックスになってしまいそうだけど。
そこだけではない、彼らを見つめる目線はとても愛情深い。
とても素直な青春映画に心がふわっとなりました。

現実の世界は、そんなに親切ではないかもしてないけれど、
そうあって欲しいし、その一部のとして、そうありたいなと思う。

少年が自分の中に芽生えた衝動を感じていく様子がとても瑞々しい。
自分のその頃を思ったり、母のような気持ちなったり、親友のような気持ちになったり。
優しい友情と恋の物語。

音を感じたら、足を自由に動かして。
僕が君にかけた電話の着信音を聴いて君がダンスするんだ。
なんて、可愛い台詞なんだろう。(ちょと足したけど)

好きな人からの電話の着信音、それが、なったら、そりゃ、踊っちゃう。
そんでもって、心臓が嬉しさで爆発しそうになりながら、もしもし? て。
そんで、ああ、私、この人のこと好きなんだなって、また思うな。

ブラジル映画は性描写が日本よりも大胆なように思います。
そりゃ情熱の国ですものね。

映画『彼の見つめる先に』公式サイト 3月10日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開!!

情報源: 映画『彼の見つめる先に』公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です