映画鑑賞@第30回東京国際映画祭。

嵐に見舞われた週末でしたが、今年も終わりました。
瀬々敬久監督「最低。」の上映にちょろりと顔だしたり。
みなさん、キラキラしていました。

こんな機会なので、映画鑑賞。
いろんな方の感想をガイドに、ぼちぼちと拝見。


特別招待作品
「エンドレス・ポエトリー」 Endless Poetry [ Poesía sin fin ]
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
128分 カラー スペイン語 | 2016年 フランス/チリ/日本 | 配給:アップリンク

たいそう楽しみました。
一家総出で作り上げた、ホドルフスキーの遺言みたいだったなぁ。
撮影はクリストファー・ドイル氏。

2017年11月18日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開


ワールド・フォーカス
イスマエルの亡霊たち
Ismael’s Ghosts [ Les Fantômes d’Ismaël ]
監督:アルノー・デプレシャン
脚本:アルノー・デプレシャン ジュリー・ペール
製作:パスカル・コーシュトゥー バンサン・マラバル

出演:
マチュー・アマルリック マリオン・コティヤール
シャルロット・ゲンズブール ルイ・ガレル アルバ・ロルバケル

日本での公開はまだ決まってないようですよー。
きっと、公開ありますね。

面白かったなー。


コンペティション
さよなら、ニック」
Forget About Nick
監督 : マルガレーテ・フォン・トロッタ
110分 カラー 英語、ドイツ語 |2017年 ドイツ


コンペティション
迫り来る嵐
The Looming Storm [ 暴雪将至 ]
監督/脚本 : ドン・ユエ
プロデューサー : シアオ・チエンツァオ
出演:ドアン・イーホン ジャン・イーイェン トゥ・ユアン チェン・ウェイ

最優秀芸術貢献賞&最優秀男優賞の2冠!
迫力あり、スリリングで面白かった。強い印象が残りました。いやぁ、ドアン・イーホンさん魅力的でした。


特別招待作品
「Ryuichi Sakamoto: CODA」
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
101分 カラー 日本語、英語 | 2017年 アメリカ/日本 | 配給:株式会社KADOKAWA
なんと、明日から公開ですね。
2017年11月4日(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開!


コンペティション
「スヴェタ」
Sveta
監督:ジャンナ・イサバエヴァ
95分 カラー ロシア手話、ロシア語 | 2017年 カザフスタン
つよい。


アジアの未来
ポーカーの果てに
監督:ジャンナ・イサバエヴァ
89分 カラー トルコ語 | 2017年 トルコ
ユニークな密室劇。


ワールド・フォーカス
サッドヒルを掘り返せ
Sad Hill Unearthed
監督:ギレルモ・デ・オリベイラ
86分 カラー 英語、スペイン語、イタリア語、フランス語 | 2017年 スペイン

愛で溢れている。
なんだか良くわかんないけど。
映画っていいなって思ったんだな。
人間ていいなって思うんだな。
『続・夕陽のガンマン』のファンじゃなくても、じゅうぶんに楽しめます。
きっと公開すると思います。


Grain / Buğday – Trailer from Kaplan Film on Vimeo.
コンペティション
「グレイン」
Grain [ Buğday ]
監督/脚本/編集/プロデューサー : セミフ・カプランオール
出演:ジャン=マルク・バール

ジャン=マルク・バール氏!!期せず登壇に感動‥‥‥。初来日とのこと。
ストイックなその佇まい‥‥。QAも興味深かった。

最高賞、東京グランプリ 受賞作品。
おめでとうございます。

戸田ひかる監督の「Of Love&Law」とホアン・シンヤオ監督の「大仏」観たかったなので公開を楽しみにすることとします。
エドモンド・ヨー監督の監督賞受賞、嬉しかったなぁ。

全受賞結果は以下の通り。

コンペティション部門
観客賞:『勝手にふるえてろ』(大九明子監督)
最優秀脚本賞 Presented by WOWOW:『ペット安楽死請負人』(テーム・ニッキ監督)
最優秀芸術貢献賞:『迫り来る嵐』(ドン・ユエ監督)
最優秀男優賞:ドアン・イーホン(『迫り来る嵐』)
最優秀女優賞:アデリーヌ・デルミ(『マリリンヌ』)
最優秀監督賞:エドモンド・ヨウ監督(『アケラット-ロヒンギャの祈り』)
審査員特別賞:『ナポリ、輝きの陰で』(シルビア・ルーツィ監督、ルカ・ベッリーノ監督)
東京グランプリ:『グレイン』(セミフ・カプランオール監督)

日本映画スプラッシュ部門
作品賞:『Of Love & Law』(戸田ひかる監督)

アジアの未来部門
スペシャル・メンション:『老いた野獣』(チョウ・ズーヤン監督)
国際交流基金アジアセンター特別賞:『僕の帰る場所』(藤元明緒監督)
作品賞:『僕の帰る場所』(藤元明緒監督)

東京ジェムストーン賞
石橋静河(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』)、松岡茉優(『勝手にふるえてろ『)、アデリーヌ・デルミ(『マリリンヌ』)、ダフネ・ロー(『アケラット-ロヒンギャの祈り』)

映画鑑賞@第30回東京国際映画祭。」への1件のフィードバック

  1. Longisland

    真起子さん タイトル第60回ってなってますが、今年は30回ですよ。
    東京国際映画祭が60周年になるのは2020年ですね。
    どんな映画が上映されるんだろう?見れるかなぁ、見て見たいなぁ。

    時々東京国際映画祭でお姿を見かけますが、今年はお会いできませんでした。
    何年か前の映画祭でお写真ご一緒していただきました。いまでも大切に家宝にしております。

    あと、
    このコメントは非表示とか削除していただいてOKです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です