演劇鑑賞「百鬼オペラ 羅生門」

千穐楽の日に滑り込みセーフ。

芥川龍之介の頭の中。
光と闇。

最後に女が見上げた空は、青空だったのだろうか。

インバル・ピント&アブシャロム・ポラックの世界が、私はとても好き。
光が作りだす、美しい影のような世界が好きなんだろうと思う。

主軸の方々が素敵なことも、そりゃ、そうだけれど。

鬼達の美しかったこと‥‥。

ああ、見れてよかった。

芥川の代表作「羅生門」「藪の中」「蜘蛛の糸」「鼻」が歌やダンスを交え、ファンタジックに絡み合う! 主演:柄本佑、満島ひかり、吉沢亮、田口浩正、小松和重、銀粉蝶 東京公演:2017年9月8日(金)~25日(月)Bunkamura シアターコクーン

情報源: 百鬼オペラ羅生門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です