過ぎてゆく夏、2017。

アレヨ、アレヨ、という間に夏が過ぎてゆく。

梅雨なのか、開けたのか、夏なのか、とか言っている間に、太陽は真夏の太陽になり、台風なんかもきたりして、ジュウブン夏。
盆踊りなんかいったりして、どこでもみかければ、のぞいて見たりして、遊びに来た人に浴衣着せたりして、自分も着たりして。
今年はKEITA MARUYAMA で浴衣を、丸屋さんで下駄を新調した。
だいぶかさばった歳をくすりと笑えるような色を選んでみたりした。

大人の入り口に立ったような、友人ところのおチビが、ちょっとの間、オンボロ我家に滞在。
正真正銘、赤ちゃんだったあの子が、もうすっかり気分はレディてなぐあい。

背丈もかわらないので、新調した浴衣を着てもらった。
盆踊りへ向かう道、すれ違う人たちに、たびたび綺麗だねって声をかけられた。
私が着た時よりも、とても浴衣が素敵に見える。
お母さんも、綺麗ですよって、おまけの掛け声。
それでもなんだか嬉しくて、お母さん気取りで一緒に歩いてみながら、
私に大事な子を預けてくれたりする、面白い友人のことを想ったりする。
そして、その頃の自分たちのことを思い出したりしている。
クスクス、笑っちゃうね。

撮影やら、打ち合わせ、映画上映でのトークやら、なんやらかんやら、働いたりもしています。

夏は、まだもう少し続きますね。

Instagram @watanabe_makiko
Twitter @nabemaki

だらだら更新しております。

過ぎてゆく夏、2017。」への1件のフィードバック

  1. fumi-sun

    母と娘の浴衣でデート。

    [いいね] ボタンがあったらポチッとな。

    だらだら更新してくださいませませ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です