3.11.2017

春が来ると、この日である。

あの日、人生が大きく変わった人たちがたくさんいて、今も尚、その影響の中で暮らしている。
未来の考え方は大きく変わっただろうと思う。
そして、昨日は東京大空襲のあった日。

人間は心も身体も、かよわい。かよわいなりに、せめて命に誠実にありたい。
そう思っていない人もいるのかもしれないけれど、私は、そう思うのです。

人間には、想像力というものがあり、創造する知恵があるように思う。
それは、どうなんだって、思う人もいるかもしれないけれど、
私は、そう思いたいです。

そして、まずは私自身のそれを何のために働かせるか、よくよく考えたいと思うのです。
私なりに、できる限り、精一杯。

暖かい日差しに恵まれている、今日。
悲しみが、まだ深く残る心で祈ります。
今もなお、その影響を受け続けている皆様がいることを、忘れません。

偉い人が、節目を勝手につけたようだけれど、
いまも壊れたままの原子炉はどうなるんだろう。

3.11.2017」への1件のフィードバック

  1. fumi-sun

    またこの日が来ましたね。

    恥ずかしながら、みっともないながら、
    段々あの時の記憶、気持ちが薄れてきてる。

    人の前に立つ人達が、忘れないでいてくれる事は、
    この事に触れてくれることは、
    自分も忘れないでいられる指針になる。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です