11月の雪。

11月、雪が降りました。

気の早い冬将軍ですね。

寒い冬になるのでしょうか。

明日、明後日と、TAMA映画祭に参加します。

TAMA NEW WAVE ある視点 -過去・現在・未来へのドラマ-
11/25[金]
ベルブホール 19:45-20:57
白鳥 勇輝 監督作品 「めぐりゆく
春夏秋冬の景色の中。4組の男女が、それぞれ日々のなかで節目となる瞬間が描かれています。
チケット料金
一般 当日のみ:500円(但し、学生は無料)

11/26[土]
おしゃべりします。
映画を横丁で語ろう 2016
ゲスト:安川有果監督、渡辺真起子(女優) 司会:月永理絵氏(「映画横丁」編集人)
映画と酒の小雑誌「映画横丁」関連企画といった感じでしょうか。
ベルブホール
16:30-18:07 ヤング・アダルト・ニューヨーク
18:15-18:55 トーク
チケット料金
一般 前売:1,200円 / 当日:1,400円
子ども(4歳~小学生) 前売:800円 / 当日:900円

◯映画と酒の小雑誌「映画横丁」とは
 いつもの通り道からふっと横道にそれるように、見知らぬ街の横丁で酒場をはしごするようにゆったりと映画を楽しみたい。そんな人たちに贈る小さな映画雑誌。毎号お酒に関連したおすすめの映画を紹介しています。最新号の特集は「ビールの美味しい季節」。

第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM ではたくさんの映画作品を上映しています。
開催日数も残りわずかですが、お見逃しの作品をスクリーンで、見ていただいたり、新しい若い才能と出会ったり。
ぶらり、ご参加いただいたら、面白い出会いがあるのではないでしょうか。

第26回映画祭TAMA CINEMA FORUMとは ?
映画祭TAMA CINEMA FORUMは、東京都多摩市内で開催される、映画ファンを中心とした市民ボランティアによる映画祭です。
毎年、国内・海外の話題作を中心とした映画上映や、監督・出演者をはじめとした様々なゲストをお招きしてのトークイベントなど幅広いプログラムを開催しております。
2000年からは、”日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発見”を目的とする中・長編コンペティションTAMA NEW WAVEを開始。また、2009年には、”明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰”するTAMA映画賞を創設し、映画ファンと映画製作者とをつなぐ交流の場として注目を集めております。

のだそうですよ〜。

秋も過ぎて、すっかり冬ですが、夜は長いのわけなので、ポチりました。
再見や、再考が、まるで、新しい作品との出会いのように感じられることがあります。
img_7948

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です