カテゴリー別アーカイブ: thêâtre de nabemaki

演劇鑑賞「PHOTOGRAPH 51(フォトグラフ51)」

@東京芸術劇場
板谷由夏さんの初舞台へ!
なんとも、立派で、等身大。

役の女性も、それを演じる彼女も、
しみじみと素敵な人だなぁと、涙ぐんでしまう。
同世代の女性の言葉が、心にスパッと入ってきた。
私は彼女のように優秀な人間ではないけれど、それでも、彼女の葛藤や、
その当時の夢を追って男社会に飛び込んで行った彼女の戦いを想い、奥歯を噛み締めてしまった。

おとこたちよ、よくきけよ。
かのじょは、そこにいきていたんだよ。
おとことおなじように、あたりまえのゆめや、きぼうを、むねにかかえながら、
おとことおなじように、じょうねつを、むねにかかえながら。
おとこのゆめをかなえるためではなくて、
にんげんのゆめをかなえるために。

こんちくしょうめ。

ノーベル賞へのスリリングな人間ドラマ。1枚の写真を前に、生命の科学が立ち上がる。ウエストエンドでニコール・キッドマンが主演した話題作に、名女優”板谷由夏”が挑む!! 東京芸術劇場シアターウエスト2018年4月6日~4月22日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ2018年4月25日~4月26日

情報源: 『PHOTOGRAPH 51(フォトグラフ51)』特設ページ 梅田芸術劇場

演劇鑑賞 「劇団☆新感線 ONWARD presents 『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』Produced by TBS」

劇団☆新感線
ONWARD presents
『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』Produced by TBS

ぐるぐる劇場へ。
ああ、やっぱり、素敵な天海祐希さん。
大劇場を満たす、魅力は言葉では説明できない。

修羅天魔~髑髏城の七人 Season極

情報源: ONWARD presents 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』Produced by TBS|チケット情報・販売・予約は ローチケ[ローソンチケット]

演劇鑑賞「密やかな結晶」

@ 池袋芸術劇場 プレイハウス

東京千穐楽に滑り込み。

愛の寓話。

難しいことは抜きにして。

愛しているって言葉が、甘い赤のバラの匂いとともに胸に残るようだった。

村上虹郎くんが、ふと歌い始めたとき。
彼は俯いているのに、彼の頭の上では、雨空なのに、ぽかっと青空が広がっていて欲しいなって願った。

生きることって、生きているって、どんなことなんだろう。
死ぬことって、死んでいることって、どんなことなんだろう。

生き物は、いつか死んでいくんだろう。
そこにあったということは、私の知っている、この世界に残るのだろうかな。
宇宙のことは、大きすぎてわからない。

誰かと、笑ったり、泣いたりし、一緒にいた時間は、忘れたくないな。
一緒にいた、その人に、少しだけでもいいから、覚えていてほしいとも思うな。

死んでしまった、父や、母や、友人や、愛猫。
大好きだった人たちとの、別れを思うと、
悲しみが癒えるということは、忘れるということではないと、今はおもうんだ。

それにしてもだな。

私はいつもそんなことばかり綴っているが、
しかたない。

愛していた猫が、死んでしまったばかりだからさ。

地方はまだまだ、これから。
お席の確保は難しいかもしれませんが、機会がりましたらぜひ。

情報源: 密やかな結晶

演劇鑑賞「ちょっと、まってください」

ナイロン100℃ 44th SESSION
『ちょっと、まってください』
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
@本多劇場

不穏で、美しく、なんだか、いつまでも見ていられるようでした。
面白かったなぁ‥‥‥。

ぐにゅって、なにか、ねじれる。

演劇鑑賞「スーパー歌舞伎 ワンピース」

スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』

@新橋演舞場

友人に誘われて。
最前列で楽しみました。
舞台の上から、渡されたシャランシャラン。
差し出されて、二つ持ってと言われたことが、すぐに理解できなくて、
自分の持っていたのを、引き換えに差し出してしまいましたよ。アタイ無粋なんだな、もう。
いただいたコレ、こんなメッセージが書いてありました。
井上さん、ありがとうございます。

その後の、ニュースに、なんとも言葉がありません。
一日も早いご回復を、心からお祈りするばかりです。
そして引き続き、公演に参加されている皆様にエールを。

舞踊鑑賞「第五回 谷口裕和の会」

@国立劇場大劇場

香川照之さんの、藤娘が見たくて。
ずいぶん前から楽しみにしていました。

すごいの一言。

初めて拝見した、谷口裕和さんの、なんて言うんだろう、なんて言えばいいのかわからない、正確さ。

言葉にすることはできません。

ぼけっと生きている自分が恥ずかしくなります。

ひとまず、転んだりしない程度に身体を引き締めたい、と思う帰り道でした。

香川先輩‥‥‥。いったい、休んでるんだろうか‥‥‥。

演劇鑑賞「百鬼オペラ 羅生門」

千穐楽の日に滑り込みセーフ。

芥川龍之介の頭の中。
光と闇。

最後に女が見上げた空は、青空だったのだろうか。

インバル・ピント&アブシャロム・ポラックの世界が、私はとても好き。
光が作りだす、美しい影のような世界が好きなんだろうと思う。

主軸の方々が素敵なことも、そりゃ、そうだけれど。

鬼達の美しかったこと‥‥。

ああ、見れてよかった。

芥川の代表作「羅生門」「藪の中」「蜘蛛の糸」「鼻」が歌やダンスを交え、ファンタジックに絡み合う! 主演:柄本佑、満島ひかり、吉沢亮、田口浩正、小松和重、銀粉蝶 東京公演:2017年9月8日(金)~25日(月)Bunkamura シアターコクーン

情報源: 百鬼オペラ羅生門

演劇鑑賞「ガラスの怪物」

「ガラスの怪物」
2017年9月13日(水)~19日(火)
下北沢 小劇場B1
​作・演出:渋谷悠
出演:テイ龍進、大鳥れい、44北川、泉知束、松本勝、森石晃司、安保匠

テイ君からご案内をいただいて。

渋谷悠さんと、思わぬ再会。

台風の夜。

演劇鑑賞「鎌塚氏、腹におさめる」

@本多劇場
鎌塚氏がいてくれたら、少女は小さな階段をトントントンと登って、素敵な大人になって行くのかもしれないね。
東京は千秋楽を迎えたようですが、地方公演もたくさんあるみたいですね。

M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、腹におさめる」公式サイト | 作・演出:倉持 裕  出演:三宅弘城、二階堂ふみ、眞島秀和、谷田部 俊、玉置孝匡、猫背 椿、大堀こういち

情報源: M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、腹におさめる」公式サイト | 作・演出:倉持 裕

演劇鑑賞「日本総合悲劇協会Vol.6『業音』」

日本総合悲劇協会Vol.6『業音』
2017年08月10日 (木) ~2017年09月03日 (日)
@シアターイースト
作・演出 松尾スズキ
出演
松尾スズキ、平岩紙、池津祥子、伊勢志摩、宍戸美和公、宮崎吐夢、
皆川猿時、村杉蝉之介、康本雅子+エリザベス・マリー(ダブルキャスト)

面白いだか、怖いんだか、楽しんだか、悲しいんだか。
お腹の中をかき乱されるような。

東京公演はは9/3までですが、旅は名古屋、大阪、福岡、松本、そしてパリまで続くようです。
パリで、業音みてみたいなぁ〜‥‥。

初演は残念ながら拝見できていないのですが、当時のニュースははっきりと覚えており、トラウマのようにイメージが残っていました。
新しいトラウマができたようにも思いますが、それが嫌じゃないように思います。

情報源: 日本総合悲劇協会Vol.6『業音』| 大人計画 OFFICIAL WEBSITE