カテゴリー別アーカイブ: book

春の読書。

島尾敏雄を知ったのは、小栗康平監督の「死の棘」という映画作品から。
うっすら興味を持ちながら、週刊誌の書評を読んで、書店にて。
迂闊だった気もする。
ものすごいエネルギーで書き綴られた評伝。
梯久美子さんのエネルギーなのか、それを書かせた島尾夫妻のエネルギーなのか、
奄美大島の強い太陽と、死の淵が見えるような美しい海。
長い時間をかけて読みながら、島尾敏雄と島尾ミホの関係にのまれてしまった‥‥‥。
えらいもの読み始めちゃったと言う感じ。具合が悪くなるほど。

奇しくも、この夏に、島尾ミホ著書の「海辺の生と死」を満島ひかりさんが主演の映画作品が公開となる。
女優を表現するときに巫女的なとかなんとかっていうのは、あまり好きではないのだけど。
信じたことに対して、全身全霊を投げ出すように存在する印象の満島ひかりさん。
彼女の演者としてのあり方は物語に似合う気がしすぎて見るのが怖い。

いや、見る。見るけどさ。

そうそう、満島真之介君とご一緒した、ロジャー・パルバース監督作品「STAR SAND 星砂物語」という作品も夏に公開しますので、どうぞよろしくお願いします。

東京の夏が来る前に、奄美へ行きたい。

映画「海辺の生と死」2017年 7月29日 公開 @テアトル新宿他
映画「STAR SAND 星砂物語」2017年 8月公開予定

島尾敏雄の『死の棘』に登場する愛人「あいつ」の 正体とは。日記の残骸に読み取れた言葉とは。 ミホの「『死の棘』の妻の場合」が未完成の理由は。そして本当に狂っていたのは妻か夫か──。未発表原稿や日記等の新資料によって不朽の

情報源: 梯久美子 『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ―』 | 新潮社

2017 初春 読書

「小池昌代 詩集」
著者:小池昌代思潮社 (2003/12)
ISBN-10: 4783709491 ISBN-13: 978-4783709497
著者紹介 小池昌代[コイケマサヨ] 1959年東京・深川生まれ。幼少時より、詩という概念に心惹かれ、いつか言葉によって、詩を書きたいと切望した。第一詩集『水の町から歩きだして』(1988)以後、『永遠に来ないバス』(1997・現代詩花椿賞)、『もっとも官能的な部屋』(1999・高見順賞)、エッセイ集『屋上への誘惑』(2001・講談社エッセイ賞)、このほか、数冊の絵本の翻訳がある。1995年、「音響家族」創刊。1989年~1999年にかけて、林浩平、渡辺十糸子とともに、詩誌「Mignon」を作り、2002年からは、石井辰彦、四方田犬彦をメンバーとする「三蔵2」に参加した
情報源: 小池昌代詩集 / 小池 昌代【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア

 

「終わりと始まり」
著者:ヴィスワヴァ・シンボルスカ
未知谷 (1997/06)
ISBN-10: 4915841510
ISBN-13: 978-4915841514
Wisława Szymborska, 1923年7月2日 – 2012年2月1日はポーランドの詩人、随筆家、翻訳家。1996年のノーベル文学賞他様々な賞を受賞。亡くなるまで、彼女は存命中の最も偉大なポーランドの詩人だと考えられていた。スウェーデン・アカデミーのノーベル賞委員会はシンボルスカを、「詩歌のモーツァルト」、「言葉のエレガンスとベートーヴェンの激情とを調和させつつ、深刻な主題にユーモアをもって取り組む女性」と評している。

情報源: 終わりと始まり / ヴィスワヴァ・シンボルスカ/沼野充義 – 紀伊國屋書店ウェブストア

 
200万部のベストセラー絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート短篇集。
1977年に刊行された佐野洋子の名作絵本『100万回生きたねこ』に捧げる短編集。人気作家13人による短編小説や詩のアンソロジー。
著者は、江國香織、岩瀬成子、くどうなおこ、井上荒野、角田光代、町田康、今江祥智、唯野未歩子、山田詠美、綿矢りさ、川上弘美、広瀬弦、谷川俊太郎。

 

 

情報源: 100万分の1回のねこ  – 紀伊國屋書店ウェブストア

ざわざわ、ざわ。

新年、劇場へ。

年の初めから、胸がザワザワするようなモノを続けて見てしまった。

ベケットも、太宰も好きで、その中でも、それぞれの作家の中でも、好きな作品が2本。
なぜ好きかは、まったく、安心できないから。

暗闇で自分の心臓の音ばかりが大きく響いているような感じ。

私の心臓、どうかハジケテ止まってしまいませんように。

読書
「1980年代の映画には僕たちの青春がある」 (キネマ旬報ムック)
出版社: キネマ旬報社 (2016/9/3)
言語: 日本語
ISBN-10: 4873768381
ISBN-13: 978-4873768380
発売日: 2016/9/3

拾い読みしながら、自分のその頃も一緒に思い出して、和む。

横浜の赤レンガ倉庫、窓の外にはスケートリンク。
空がとても大きくて、綺麗だった。
港町が、好き。

読書、秋。

「コンビニ人間」
村田 沙耶香 (著)
出版社: 文藝春秋 (2016/7/27)
ISBN-10: 4163906185 ISBN-13: 978-4163906188

月刊 文藝春秋
「悲しみのサハリン」
角田 房子 (著)
出版社: 新潮社 (1997/03)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101308063
ISBN-13: 978-4101308067
発売日: 1997/03

「サハリン島」
チェーホフ (著), Anton Pavlovich Chekhov (原著), 原 卓也 (翻訳)
出版社: 中央公論新社 (2009/07)
言語: 日本語
ISBN-10: 4120040526
ISBN-13: 978-4120040528
発売日: 2009/07

books。

衝動買いのシーズンに買い込んだままの書籍を、こつこつ読むシーズン。

そりゃやっぱ、出版された時に読んだ方が、書き手の臨場感があるように思うんだけど、
いつもいつも余裕がなく、なかなか上手く時間を使えない私。
それでもニュースや、書評を覚えていて、平積みになっているうちに手に入れる。
せっかく手に入れても、本棚の肥やしみたいになっているのをながめ、
ああ、身を削って書いた方に申し訳ない、なんて殊勝なことを思うふりして、
ただ無節操に衝動買いしてんじゃないのか、私 ? ってとこに行き着く。
そのうえ読む頃には文庫になってたりすると、ちょっとだけ唸る。
お金とか、スペースとか、無限にある身分ではないのだなんて思いながら。
大量の読書するわけでもないのに、ケチクサイと、うなだれる。

だいたい、まず扉を開けってんだ、と、
手に取った本を、開く。

ひらく。

コツコツ、読む。

楽しい。

昭和の犬 – 2013/9/12
姫野 カオルコ (著)
出版社: 幻冬舎 ISBN-10: 434402446X

たまもの – 2014/6/27
小池 昌代 (著)
出版社: 講談社 ISBN-10: 4062189690

水声 – 2014/9/30
川上 弘美 (著)
出版社: 文藝春秋 (2014/9/30) ISBN-10: 4163901310

やってきました、黄金週間。

長い休暇の人も、暦どうりの人も、働いてるって人も、

黄金週間が始まりましたね。

アタイは、ボチボチ、ハライテイタリシマス。

久しぶりに、中目黒のCOWBOOKSを覗いて、見つけた一冊。
前にここで手に入れたのは、寺山修司の青女論。
ぶらっと入って、面白いもの必ず見つける。

この度は、
隣りの女 (文春文庫) 文庫 – 2010/11/10
向田 邦子

女が女を眺めている。
女ってのが、ぎゅっと詰まった短編集。

おんな、おんな、おんな。

読書「火花」

さっそくよんぢゃった。 #火花 #又吉直樹 #芥川賞

渡辺真起子さん(@watanabe_makiko)が投稿した写真 –

ごくたまに、最近は。

冬はとにかく、ゴロゴロしていたい。
グダグダ。
読みかけていの書物がたくさん。
ぼちぼちと読んでいます。

娼婦の部屋・不意の出来事 (新潮文庫): 吉行 淳之介