カテゴリー別アーカイブ: eat me

春の読書。

島尾敏雄を知ったのは、小栗康平監督の「死の棘」という映画作品から。
うっすら興味を持ちながら、週刊誌の書評を読んで、書店にて。
迂闊だった気もする。
ものすごいエネルギーで書き綴られた評伝。
梯久美子さんのエネルギーなのか、それを書かせた島尾夫妻のエネルギーなのか、
奄美大島の強い太陽と、死の淵が見えるような美しい海。
長い時間をかけて読みながら、島尾敏雄と島尾ミホの関係にのまれてしまった‥‥‥。
えらいもの読み始めちゃったと言う感じ。具合が悪くなるほど。

奇しくも、この夏に、島尾ミホ著書の「海辺の生と死」を満島ひかりさんが主演の映画作品が公開となる。
女優を表現するときに巫女的なとかなんとかっていうのは、あまり好きではないのだけど。
信じたことに対して、全身全霊を投げ出すように存在する印象の満島ひかりさん。
彼女の演者としてのあり方は物語に似合う気がしすぎて見るのが怖い。

いや、見る。見るけどさ。

そうそう、満島真之介君とご一緒した、ロジャー・パルバース監督作品「STAR SAND 星砂物語」という作品も夏に公開しますので、どうぞよろしくお願いします。

東京の夏が来る前に、奄美へ行きたい。

映画「海辺の生と死」2017年 7月29日 公開 @テアトル新宿他
映画「STAR SAND 星砂物語」2017年 8月公開予定

島尾敏雄の『死の棘』に登場する愛人「あいつ」の 正体とは。日記の残骸に読み取れた言葉とは。 ミホの「『死の棘』の妻の場合」が未完成の理由は。そして本当に狂っていたのは妻か夫か──。未発表原稿や日記等の新資料によって不朽の

情報源: 梯久美子 『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ―』 | 新潮社

暖かいのは気持ちが良い。

まだ、四月半ば。

気温は初夏。

その気温の高さに、夏だと勘違いしちゃいそうです。

明日も、暑そうだなぁ〜。

雨ふり。

0404 2017

3回目の母の命日。

母が亡くなった日は、桜が満開だった。
花吹雪と母の面影。

腕の中で寝落ちた甥っ子、
お姉さんになる葛藤のなか、泣きべそかいている姪っ子を抱きしめながら、
自分が母の腕の中にいた時間を、うっすらと思い出す。

妹と久しぶりに、ゆっくり話す。
みんなで一緒にいた時間を、一緒にゆっくりと振り返る。

時がたつっていうのは、不思議なことだなぁ。

静かで、いい日になったなって思う。

ハルガクルゾォー。

今日は、薄い上着で外出できた。
乾燥してそうだったので、マスク。

予定を間違え、たくさん移動。
びっくりするぐらい、移動したけど、そんなこともある、
見ようと思った映画をもとめて、都内をウロウロ。

ル・シネマで「未来よこんにちは」

こういう物語、ああいう佇まい、自分の未来も考えながら、すっかり、自分の少し先のように感じながら見ていました。
夫も、子供も、いませんが、それでも、女の行く先ってのは、共感するわけです。
母を思い出したり、自分を重ねたり、娘の気持ちになったり。

母娘が一緒にテレビを見ていたシーンが好きでした。

外国の、全然知らない誰かの人生が、
ふと自分が生きてきた時間と重り、切なくなるよな、安心するような。

映画って、面白いです。

このたびの主人公は哲学の先生ですから。たくさん、スッと心を刺すような言葉がありました。

真夜中。

真夜中の、更新。

いつのまにか、心が言葉にならなくなっている。
言葉になる手前の、何かが、心の澱になって溜まっていら。

そんな時は、どことか遠くへ行けばいいのかな。

あいたひと。

おかあさん。

会いたいよって思う時が、強烈に来る。

あーかーさーさーん。

もうすぐ、命日ですね。

さびしくて、あたい、くるしいです。

3.11.2017

春が来ると、この日である。

あの日、人生が大きく変わった人たちがたくさんいて、今も尚、その影響の中で暮らしている。
未来の考え方は大きく変わっただろうと思う。
そして、昨日は東京大空襲のあった日。

人間は心も身体も、かよわい。かよわいなりに、せめて命に誠実にありたい。
そう思っていない人もいるのかもしれないけれど、私は、そう思うのです。

人間には、想像力というものがあり、創造する知恵があるように思う。
それは、どうなんだって、思う人もいるかもしれないけれど、
私は、そう思いたいです。

そして、まずは私自身のそれを何のために働かせるか、よくよく考えたいと思うのです。
私なりに、できる限り、精一杯。

暖かい日差しに恵まれている、今日。
悲しみが、まだ深く残る心で祈ります。
今もなお、その影響を受け続けている皆様がいることを、忘れません。

偉い人が、節目を勝手につけたようだけれど、
いまも壊れたままの原子炉はどうなるんだろう。

はるよこい。

晴天の朝。

今日で2月も終わりですね。
いろんな方が使いこなされている、Facebook とか、twitter とか、instagram とか。
あの頃、なんて機能がついていたりするので、せっかくだから、その気分に乗っかってみます。

仕事を始めて、きがついたら30年。
(これは、なかなか記憶が曖昧なのですが、多分、この春なのです)

綴りきれない時間が過ぎています。

面白い友人たち、私を見つけてくれた方々、一緒に仕事をしてくれた方々、支えてくれた家族。

ありがとうございます。

いつもグズグズしていて、ごめんなさい。
きっと、この先も、グズグズしながら生きていくのでしょうが、

どーにか、おかえしできますよう、頑張ってまいります。

感謝を込めて。

2017年2月

bon voyage TYCOON TO$H

Bon voyage TYCOON TO$H

トシちゃんに逢えたこと、私の人生のラッキーの一つ。

オーキッズのレコーディングの合間、ギターを爪弾いていたトシちゃんの横にいたこと。

雨の西麻布で、二人でぶらぶらした時間。

何を話しても、いつもその通りで、びっくりしたこと。

いつも面白い引率をしてくれたこと。

カッコいいってこと。

最後まで、音楽と一緒にいて、カッコよかったこと。

音楽に惜しみなかったこと。

うまく説明できない、何か系譜のようなものをもらったこと。

言葉にならないたくさんのこと。

トシちゃんのいた時間と一緒に、これからも在る私ってこと。

それは、他の人と比べてしまえば、ささやかな何かだけれど。

私にとってはとても大事こと。

ありがとう。

R.I.P.