作成者別アーカイブ:

春の読書。

島尾敏雄を知ったのは、小栗康平監督の「死の棘」という映画作品から。
うっすら興味を持ちながら、週刊誌の書評を読んで、書店にて。
迂闊だった気もする。
ものすごいエネルギーで書き綴られた評伝。
梯久美子さんのエネルギーなのか、それを書かせた島尾夫妻のエネルギーなのか、
奄美大島の強い太陽と、死の淵が見えるような美しい海。
長い時間をかけて読みながら、島尾敏雄と島尾ミホの関係にのまれてしまった‥‥‥。
えらいもの読み始めちゃったと言う感じ。具合が悪くなるほど。

奇しくも、この夏に、島尾ミホ著書の「海辺の生と死」を満島ひかりさんが主演の映画作品が公開となる。
女優を表現するときに巫女的なとかなんとかっていうのは、あまり好きではないのだけど。
信じたことに対して、全身全霊を投げ出すように存在する印象の満島ひかりさん。
彼女の演者としてのあり方は物語に似合う気がしすぎて見るのが怖い。

いや、見る。見るけどさ。

そうそう、満島真之介君とご一緒した、ロジャー・パルバース監督作品「STAR SAND 星砂物語」という作品も夏に公開しますので、どうぞよろしくお願いします。

東京の夏が来る前に、奄美へ行きたい。

映画「海辺の生と死」2017年 7月29日 公開 @テアトル新宿他
映画「STAR SAND 星砂物語」2017年 8月公開予定

島尾敏雄の『死の棘』に登場する愛人「あいつ」の 正体とは。日記の残骸に読み取れた言葉とは。 ミホの「『死の棘』の妻の場合」が未完成の理由は。そして本当に狂っていたのは妻か夫か──。未発表原稿や日記等の新資料によって不朽の

情報源: 梯久美子 『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ―』 | 新潮社

暖かいのは気持ちが良い。

まだ、四月半ば。

気温は初夏。

その気温の高さに、夏だと勘違いしちゃいそうです。

明日も、暑そうだなぁ〜。

雨ふり。

0404 2017

3回目の母の命日。

母が亡くなった日は、桜が満開だった。
花吹雪と母の面影。

腕の中で寝落ちた甥っ子、
お姉さんになる葛藤のなか、泣きべそかいている姪っ子を抱きしめながら、
自分が母の腕の中にいた時間を、うっすらと思い出す。

妹と久しぶりに、ゆっくり話す。
みんなで一緒にいた時間を、一緒にゆっくりと振り返る。

時がたつっていうのは、不思議なことだなぁ。

静かで、いい日になったなって思う。

映画鑑賞 桜どき。


たかが世界の終わり
監督:グザヴィエ・ドラン


わたしはダニエル・ブレイク
監督:ケン・ローチ
けっして、他人事ではないですねぇ。


監督:ミア・ハンセン=ラブ
@ル・シネマ
これは、なかなかです。こちらも他人事ではない‥‥。
お母さんを思いながら、自分の今も重ねるっていう、面白い体験だったなぁ。
ちきしょ、ばっちこい未来。

見る機会を待っていた作品が多かったなぁ。

DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展

ようやく。

BOWIE 宇宙に帰っていってしまったんだ‥‥。
じんわり、してしまった。
惚れ直してしまった。
もう一回ぐらい、行きたいなぁ。
混んでたし。

中学生の頃に、聞いた、Ziggy Stardust。

それも、地元の名も知らない他校の高校の先輩が、バンドで歌ってた。
今思えば17歳とか18歳だったんだなぁ。でも、高校生が勝手にやってるバンドの中で、一番カッコよかった。
デビットボウイってんだよって、教えてもらったんだっけなぁ。
私は、14歳かぁ。その後、一生懸命、調べたなぁ。

世界が熱狂した奇跡の展覧会、デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』。2017年1月8日(日)~ 4月9日(日)寺田倉庫G1ビル(天王洲)にて開催中。

情報源: DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展

ハルガクルゾォー。

今日は、薄い上着で外出できた。
乾燥してそうだったので、マスク。

予定を間違え、たくさん移動。
びっくりするぐらい、移動したけど、そんなこともある、
見ようと思った映画をもとめて、都内をウロウロ。

ル・シネマで「未来よこんにちは」

こういう物語、ああいう佇まい、自分の未来も考えながら、すっかり、自分の少し先のように感じながら見ていました。
夫も、子供も、いませんが、それでも、女の行く先ってのは、共感するわけです。
母を思い出したり、自分を重ねたり、娘の気持ちになったり。

母娘が一緒にテレビを見ていたシーンが好きでした。

外国の、全然知らない誰かの人生が、
ふと自分が生きてきた時間と重り、切なくなるよな、安心するような。

映画って、面白いです。

このたびの主人公は哲学の先生ですから。たくさん、スッと心を刺すような言葉がありました。

真夜中。

真夜中の、更新。

いつのまにか、心が言葉にならなくなっている。
言葉になる手前の、何かが、心の澱になって溜まっていら。

そんな時は、どことか遠くへ行けばいいのかな。

山本康一郎さんと雑談。

本日より発売の、雑誌「UOMO」(5月号)に登場しております!

スタイリスト・ファッションディレクターの山本康一郎さんによる連載〝雑談〟にて対談をさせていただきました。
康一郎さんとのおしゃべりは、楽しい。
もう、なんか、言葉が面白い方向から飛んでくる感じ。
でも、ちゃんと感覚が共有できるように、分かりやすく渡してくれる。

たーのーしーかった〜。

この日は、BEDWIN girls のジブラのパンツに、DELUX の革ジャケット。
最近、とても気に入っている組み合わせで。

▽本誌の詳細はコチラ!

UOMO5月号は3月24日発売、今月も盛りだくさんの内容でお届けします! 表紙はUOMOキャラクター、ディーン・フジオカさん。ほんのり男の色気を感じさせるシャツの着こなしに注目!(メイキング動画は3/25(土)アップ!) […]

情報源: 春は”丸首とスニーカー”の一歩先へ。UOMO5月号3/24発売! | News | UOMO | WEBUOMO

BEDWIN & THE HEARTBREAKERS


BEDWIN & THE HEARTBREAKERS with Amazon Fashion Week TOKYO.

@ SOUND MUSEUM VISION

面白いイベントのお知らせが届きました。

ミュージシャンによるライブ形式でショーをなのだそうで、
しかも、どのグループも、抜群にイマのみなさん。

DJ SHINTARO
YOUNG JUJU
DJ MOCA
5lack
DJ EMMA
yahyel

ひさしぶりに、新しく、なんとも面白そうな未来に心を馳せたることができたような気がした。