Skip to content

美しい季節。

一年の中で、大好きな季節は5月かもしれない。

あっという間に、その時は過ぎましたが。

2021年の5月は、古くからの友人と過ごしました。

私にとって、世界は、漫然と嫌な感じで進んでいるように思えます。

ざわざわと、する日が多くてくたびれます。

街に出れば、同じように感じている人が少なくないように思えます。

5月らしく美しい日、そんなことを少し忘れて歩きました。

喜ばしいことは、全国の映画館が再開されたことです。

今回の自粛要請に対し、映画業界の皆さんが、初めて一つになり国や都に対して同じ意見を出しました。

大手の映画会社も、ミニシアターも同じように。

再開された映画館のスクリーンの光を見たときにの静かな喜びは一生忘れないと思います。

6月1日のその日は、自分自身が参加した作品を劇場で見ました。

自分自身、今自分いる場所や、向かいたい方角がを見失いがちな毎日です。

小さなステップでもいいから、きちんと踏んで、飛んで、進んで、戻って。

なんつって、立ち止まってもいいかとか、とか思ってしまう今日この頃。

目の前のTVから、チープなテクノ音楽とチャールズ・ブロンソンが。

いや、激似の人、ロバート・ブロンジーだった。

夜中のWOWOWやばい。