Skip to content

i am that

ボチボチと、仕事が始まりました。

撮影の方法は、今の状況に合わせたもので、新しく設置された部門があったり、

ガイドラインを立てて、それに添いながら。

それでも働ける喜びが心の中にあるのだと、その場にいる皆から、自分の中から、感じます。

やっと息ができる。みたいに。

ねー、ねー、最近はね。

生きるということは、どういうことなのか。

生きている、その事実が苦しみでいっぱいにならないように、

生きている、そのことが喜びなんだ、なんていう瞬間をつなげていくんだなって。

知らないうちに大人になった、おチビが教えてくれた曲がそんなことを歌っていて、

うっかり泣いてしまいました。

私はおチビにさ、

人生ってのは、そんなことを見つけては、なくして、

もしくは忘れてしまって、また見つけて、ってな感じでさ、

そんなことの繰り返しかもしれないよ、

って、そう言いたくなったんだけど、ん、ちょっと違うかなって。

そりゃ私だけのことなのかもな。

他の人は違うのかもな。

あったものが、なくなってしまった時にはさ、そのことに、なじむまでに、もう少し、まだかかるかな。

もういないお母さんと、愛猫の夢を見た。

お母さんは、陶器の壺を抱えていて、でもなんでか、それがヨーロッパの田舎の焼き物みたいで、白地にブルーの太いラインが入ったもので、何が入っていたんだろう。

重たいから、持っていかないでいいよ。って私が言ったら、そうねって言ってぼんやり立ってた。

愛猫に気がついて、名前を呼んだら、にゃって、私の方を向いたけど、お母さんと愛猫は、なんか一緒にいるって感じだった。

なんだかわからないけど、一緒にいるって感じ。

目が覚めて、窓を開けたら、お母さんの大好きだった花が季節外れに一輪、咲いてた。

厳密には、一晩だけ咲く花だから、咲き終わっていたのを見つけた。

そんなよくできた話ありますかと、頭がジンジンして。

ついさいきん、なくしてしまったものも、夢に出てきたらいいのになって思った。

悲しい夢じゃないといいけど、楽しい夢だったとしても、目が覚め時に、

あぁ、夢だったのかって、また、なくしてしまったことを思い知るだけだから、嫌だな。

ただ、ぼうっとそこにある、みたいな夢だったらいいのかなって思った。

私は、ずるずると、先に進んでいる。

最近の私は、そんな感じ。

そんなことばかり、考えているんだな。

お母さんと、愛猫が、送ってくれたかもしれない、何かの大きなサインを受け止め損ねている気がするね。

生まれてきて、生きてきて、良かったんだって教えてくれた人と、幸福って名前の猫が、

おいおい、アタイらがいるだろって、言いにきたんだよな、

って思うことにする。

ずるずる、ぐずぐず、をギュッと掴んで引き出しの奥にしまう。

One Comment

  1. 匿名 匿名

    いつも素敵なメッセージありがとうございます。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。