Skip to content

諏訪敦彦監督 最新作「風の電話」

いよいよです。

たくさんの方々に届いて欲しい。

少女の旅の物語でありますが、そこに立ち会う大人たちの物語でもあります。

諏訪作品が、どどーんと新宿の大きな映画館の看板に。

なんともいえなく、嬉しく。

素敵な作品に参加することができて、嬉しかったです。

そして、やぱり、たくさんの人に届いて欲しいと願うわけです。

2020年1月24日 全国順次ロードショー。

映画「風の電話」公式サイト

公式サイトより〜

17歳の高校生ハル(モトーラ世理奈)は、東日本大震災で家族を失い、広島に住む伯母、広子(渡辺真起子)の家に身を寄せている。心に深い傷を抱えながらも、常に寄り添ってくれる広子のおかげで、日常を過ごすことができたハルだったが、ある日、学校から帰ると広子が部屋で倒れていた。自分の周りの人が全ていなくなる不安に駆られたハルは、あの日以来、一度も帰っていない故郷の大槌町へ向かう。広島から岩手までの長い旅の途中、彼女の目にはどんな景色が映っていくのだろうか―。憔悴して道端に倒れていたところを助けてくれた公平(三浦友和)、今も福島に暮らし被災した時の話を聞かせてくれた今田(西田敏行)。様々な人と出会い、食事をふるまわれ、抱きしめられ、「生きろ」と励まされるハル。道中で出会った福島の元原発作業員の森尾(西島秀俊)と共に旅は続いていき…。そして、ハルは導かれるように、故郷にある<風の電話>へと歩みを進める。家族と「もう一度、話したい」その想いを胸に―。


One Comment

  1. ねろんねろん ねろんねろん

    是非、観させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。