Skip to content

まちはしずか。

ラグビーW杯、感動した。

スポーツ観戦が習慣にないのだけど珍しく2試合とも友人達とワイワイ。

まあ、それとか、あれとか。

久しぶりに会う古くからの友人達と包子作りを習ったり。

高校生の頃からお世話になっている、ちょっと年上の姉さんたち。

それぞれが、いろんなところで人生を展開していて、近況報告などしながらゲラゲラ、笑いっぱなし。

ほらほら、それとか。

トッド・フィリップス監督 の「joker」をみに行った。

ダークナイトを改めてみて、ジャック・ニコルソンのジョーカーも改めてみて、キング・オブ・コメディもみた。

すっかり、ハマった。

そして、監督であるトッド・フィリップスを復習することにした。

「ハングオーバー!」「ハングオーバー!!」観ながら、同じ監督がジョーカー作ったってことだなぁって‥‥。

んで、んで、そしてね。

世界のいろんな国から、偉い人たちが東京に来ているらしい。

厳戒態勢だからか、巷は静かだった。ちょっと怖い感じ。

晴天でパレードがあったら、少しは明るく未来を思えたかもしれない。

はてさて。

昭和は遠くになりにけり。

最近、同世代の友人たちが良く昔話をする。

心配事は、年老いた親のことだったり、子育てが終わってからの自分の将来のことだったり。

つまりは、老後といったような。

昭和が遠くに感じて、自分が古いものになっていくように思うのだけれど、

私は今を生きている。ただそれだけなんだと思いなおす。

はてさて、

「Joker」を思い返す。

悲劇的な物語が心に刺さっているけれど、何かが少しずれていたように思う。

それが何なのかはもう一度ぐらい見ないとわからない気がする。

撮影はとても美しい。美しすぎるぐらいに。

鑑賞した映画館の効果なのかな。

それとは別に、キングオブコメディのラストシーンのデニーロの表情が、なぜだかとても深く心に残っている。

気になっているって言い方がいいのかな‥‥。

巷の人たちはどう思っているのだろうかな‥‥‥。

新しくできた、丸の内ピカデリーのドルビーなんとか、よかったと思う。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。