Skip to content

あき、ふかまる。

台風の被害の大きさに、俯いてしまう。被害に遭われた方々の日常が少しでも早く取り戻されますように。

と、書きながら、ずっと、そういうことが続いていて、どうなっているんだよって思ってしまう。

そして、一気に秋が来て。

衣替えもしていなかったので、いきなり寒いし何を着ればいいのか‥‥。

夏から秋にかけてのこの時期は、眠くて仕方ない。

まあ、日頃から、いつでも眠い気もするんだけど。

季節の秋も深まり、人生の秋も深まっているのか、考え事も増えている昨今。

乗り切れるだろうか。

考えることは嫌いじゃないんだけど。

面白い、芝居を見た。

シアター風姿花伝 「終夜」

スェーデンの劇作家 ラーシュ・ノレーン「最後の晩餐」の日本初演であります。

元は7時間の戯曲を3時間35分に。

演出は上村聡史さん。

なかなかの熱量。

終わりかけの二つの夫婦の最後の晩餐。

魅了も技術も素晴らしい俳優たち。

劇場にポンと置かれた物語の。なんでもないように始まるのに、漂う緊張感、息苦しさ。

あるもん、ああいうこと。でも本当に嫌だよ、あんなの。

なんで、そんななっちゃうのさ。ねえ、お母さん。

てな、感じなわけですわ。

この戯曲、原作を読んでみたいのだけれど、日本語での出版はなくて残念。

しかし、面白かったな。

秋と考え事が深まっていく。

10月27日まで上演中です。

シアター風姿花伝 終夜

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。