Skip to content

冷汗三斗。

人生、蹴つまずいた。

多少は気をつけて生きてる。

思いのままに生きているように見えるかもしれないが。

これでも己の限界を考えながら、生きている。

それでも、失敗る。

いや、失敗ばかりだからこそ、気をつけながら生きているのかもしれない。

しかし、また失敗る。

失敗ることに慣れてしまっては、気をつけきれないではないのではないかと思う。

なので、しくじれば傷つき、落ち込む。

そして、再生していくんだろうと、うっすら思ったりする。

あ、いかん、慣れてはいけない!

あーん。

(泣)

助けてもらって、優しさに感動し、申し訳ないと恥ずかしく思い、俯く。

自分に腹を立てたりして。ちゃんとしている人を羨んだりして。

早く時間がたってほしいけれど、今は、時間が過ぎるのが惜しい年頃。

心は忙しい。

支えてくれる手があることに心から感謝をしつつ。

先へ進んでいきます。

今年も気候変動のためか、豪雨災害がたくさん発生。

聞いたこともない広範囲で避難指示が出ていて、言葉がない。

どうか、みなさんご無事でいてくださいと、祈るばかり。

One Comment

  1. ユキシゲゼンニ ユキシゲゼンニ

    人間、年を取ったら、もうあんまり怒られたくないし、失敗もしたくないし。心おだやかに生きていきたいのですが、なかなかそうも行きませんね。

    で、これ以上年齢が進んでいったら、ボケて、やることなすこと頓珍漢になって、あちこちで怒られまくるようになる訳で(今、認知症の両親を抱えて、二人を怒りまくってるぼくだから、よくわかります)。

    生きてるって何ですかね。哀しいですね。

    結局、すごく月並みな考えですけど、怒られるのも失敗するのも、生きてる証と言うことなんでしょうね。痛みを感じることで自分が生きている実感を感じられるというひそみにならえば、失敗して、怒られることで生きてる実感を感じられるのかも。

    だが、そうはいっても怒られたくないし、失敗もしたくないんだぁ、と雨の夜空に吼える初老の(真起子さんより三つ年上の)ユキシゲでした。

    元気だして下さいね。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。