Skip to content

また会う日まで。

さようならを言いに。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でお世話になった外川康弘さんのお別れの会に行ってきた。

いつもニコニコしていたな。

釜山映画祭で、海岸の屋台通りみたいなところで、一緒に呑んで、

若い監督と一緒にやりましょう。って声をかけていただいた。

ちょっと、早いよ。って思ってる。

旅立ちのお知らせが立て続けに届いた。

歳を重ねるごとに、お別れってのが、なかなか言葉にならなくなっていく。説明しきれなくなっていく気がする。

生きることは、割り切れないことばかりだよ。

当たり前だと言われても、当たり前ってなんだよっていう風に、割り切れない。

わかったように、知ったように、生きてしまえば、きっと気分がいいんだろうな。

けっ。って思うけどね。

外川さん、また会おうね。

また会うかどうかなんて、どうでもいいんだけど、また会おうね、って言いたい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。