時が過ぎるということ。

ちょこちょこと、また使いやすいようにブログの設定をしているのだけど、
何か、もう、足りていない。
何が足りていないかといえば、きっと、私の気持ちが足りていない。

チッ。

ちまちました、SNSツールにうつつを抜かしていたら、もう。

時間が散らばってしまった、感覚。

しかし、そもそも、時間は、散らばっているものなのかもしれないな。

ポツンとした時間、そんなこと考えて、ふっと足元を見ても、
もうアノコはいない。

それでも、明日が来るんだな。

アノコがいなくても、明日を迎えなきゃいけなんだ。

私の明日、私じゃない人達の、明日。
みんなの明日が、より良い方向へ向かいますよう。

そう思うんだ、本当に。

そんなふうに思いながら、つま先は、まだ、アノコの温もりを探してしまう。

だははは。

One thought on “時が過ぎるということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Go Top