about me

1968年9月14日、東京都品川区で誕生
小学4年のときに演劇クラブに入部したことを機に俳優を志す。
1986年よりモデルとして活動を始め、広告、ファッション誌、ファッションコレクションなどに出演。TVCMに多数出演。
1986年、リクルート社「とらばーゆ」TVCMがデビュー作。1988年、映画『バカヤロー! 私、怒ってます』で女優デビュー。
1989年、女性ファッション誌『CUTiE』創刊号の表紙を飾る。
同年、日本初のダンス・ミュージック専門レーベル「MAJOR FORCE」より、中西俊夫、高木完、工藤昌之のプロデュース、ヒップホップユニット「The Orchids」(オーキッズ)に参加、
『Life is a science』をリリース。
1991年にはフジテレビの深夜ドラマ 「BANANA CHIPS LOVE」にレギュラ出演。
1992年には流山児事務所プロデュース『ピカレスク・イアーゴ』作・中島丈博 演出・流山児祥 にて舞台に初出演する。
その後、映画を主軸に、舞台、TVドラマなどに出演し、俳優として活動をはじめる。
1999年、諏訪敦彦初監督作品「2/DUO」出演し、それをきっかけに諏訪監督2作目の「M/OTHER」に主演。
同作品はカンヌ映画祭国際批評家連盟賞を受賞し、高崎映画祭にて主演女優賞を受賞。
毎日映画コンクールでは、諏訪監督、三浦友和氏と共に脚本賞を受賞し、同作品は脚本がなく、全篇通し、セリフ、演技ともに即興であったため、物議をよんだ。
その後も、実験的な作品に参加。
監督のいない映画「TAMPEN」や、ユニバーサル・レコードのコンピレーションアルバムのTVCMなどでは企画から参加する。
作家性の強い作品に多数参加。
原一男監督、初の劇映画作品「またの日の知華」、桃井かおり監督作品「無花果の顔」 阪本順治監督「魂萌え」など、話題作品に数多く出演。
2007年に出演した、河瀬直美監督作品「殯の森」が、第60回カンヌ国際映画祭にて、審査員特別賞にあたるグランプリを受賞する。
世界各国の映画祭にて上映、劇場公開される。
同年には小林政広監督作品「愛の予感」に主演し、第60回ロカルノ国際映画祭において、最高賞のグランプリ、CICAE賞(国際芸術映画評論連盟賞)、ヤング審査員賞、ダニエル・シュミット賞と、4つの賞を受賞。作品は各国の映画祭にて上映される。 2007年に、10年ぶりに舞台出演を再開し以後、定期的に出演を続けている。
2009年、園子温監督「愛のむきだし」に参加。主人公の継母役で好評を得る。
同作品は東京フィルメックスにて観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞。第59回(2009年)ベルリン映画祭にて「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を受賞する。現在でも国際的にカルト的な人気がある。 2009年、是枝裕和監督作品の多くに参加する撮影監督山崎裕氏の初監督作品「TORSO」に主演。
同作品は香港国際映画祭インディーパワー部門コンペティション正式参加。トリノ国際映画祭、フューチャー・フィルムコンペティション正式参加作品。 テレビドラマ出演、フジテレビ「最後から2番目の恋」(主演 小泉今日子 中井貴一) では主人公の女友達を森口博子さんと共に同性代感たっぷりに演じ、好評を得える。
11月に放送された、続編スペシャルに続けて参加。
2012年、中野量太監督作品「チチを撮りに」SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて、同映画祭初めての監督賞 SKIPシティーアワードの2冠を受賞。
その後、ベルリン映画祭、ジェネレーション部門へ正式招待される。
同作品にて、第55回アジア太平洋映画祭-最優秀助演女優賞、第7回アジアン・フィルム・アワード(香港国際映画祭の一環として開催)最優秀助演女優賞。
太平洋映画祭において、日本人の受賞は10年ぶり。アジアン・フィルム・アワードにおいては、日本映画作品、初の最優秀演女優賞を受賞。 両映画祭ともインディーズ映画からの選出は非常に稀であり、さらに受賞は希有である。同作品は、台湾、イスラエルにて劇場公開。 映画ファンにて開催されている、第35回ヨコハマ映画祭にて最優秀助演女優賞を受賞する。
2014年には再び、河瀬直美監督作品「二つ目の窓」に出演。ンペティション作品として、カンヌ国際映画祭へ参加。
2009年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、第14回 東京フィルメックスでは審査委員を務める
多数の若手インディーズ系映画作品に意欲的に参加。その作品の多くが国内外の映画祭に参加している。

2015年 1月