映画「たまらん坂」

小谷忠典監督、最新作品。

嬉しいニュースが届きました。

マルセイユ国際映画祭(フランス)のインターナショナル部門に入選しました。

同映画祭でワールドプレミア上映(開催期間:2019年7月9〜15日)となります。

下記、フェスティバルディレクターの

Jean-Pierre Rehm氏からの直々のメッセージです。

「地名の語源探しから始まるこの物語に審査員一同、深く感動しました。丘(坂)の名前をテーマに映画を製作すると言う執念(もちろんそれはメタファーであることはわかっていますが)と、とてつもなく自由で稀有な映像表現に感嘆しました。
映画と文学を横断し、過去と現在を織り交ぜ、様々な映画ジャンルと結び、苦しみととてつもない優しさを抱き合わせた作品を作る。簡単にできるものではない、なんという野心だ!全てが挑戦でしかない!困難と思われた全ての課題は、例えば野原でバッハの曲をバイオリンで弾く女学生のシーンに見られるような、絶え間ない魔法と信じられないくらいの正確さを持つ強い作家性と大胆さで見事に克服されていました。
素晴らしい作品を作ってくれてありがとう。ワールドプレミアとして本作をFID Marseille の国際コンペティションにて上映することができれば光栄です」

『たまらん坂』
日本/2019年/モノクロ/86分
監督:小谷忠典
脚本・プロデューサー:土屋忍
原作:黒井千次(武蔵野短編集『たまらん坂』)
出演:渡邊雛子・古舘寛治・渡辺真起子・小沢まゆ
アニメーション:大寳ひとみ
歌:松本佳奈
音楽:磯端伸一
製作:武蔵野文学館